新冷戦 ファシズム 超監視社会 トランスヒューマニズム 強制入院 フェイクニュース 盗聴 芸能界 メディアストーカー 無法地帯 バザーリア 新世界秩序 LSD ライ麦 MKウルトラ 儀式殺人 悪人像捏造 シミュラクラ GHQ 日本の黒い霧 冤罪 シリアルキラー 操心術 人身御供 ワイドショー サイコドラマ 魔女狩り 一神教 原理主義 日ユ同祖論 サタニズム 盗撮 脳神経倫理学 グローバリズム 思考解読 医産複合体 原子力発電所 電磁波兵器 リンチ ニコラ・テスラ 日本支配 NWO 自殺強要 EEGクローン 世界政府 ナノテクノロジー 儀式的虐待 エレクトロニック・ハラスメント 搾取犯罪 DEW 人体実験 サイレント・サウンド・スプレッド・スペクトラム(SSSS) 生命倫理学 裏社会 ヤクザ 公安 精神医学的テロリズム 軍産複合体 GAFAM 国連 諜報機関 社会的抹殺 PSYOP 統合失調症工作 ハリウッド カバール YMCA 予言プログラム 方法の黙示(方法の暴露) マインドコントロール 音楽業界 ロック イルミナティ カルト 救世主 疑似宗教 666 テクノロジー犯罪 精神工学兵器 ジェノサイド 人口削減 ロボット 洗脳 変性意識 収容所 メディア機能不全 スノーデン トゥルーマンショー アイディア盗用 クライシス・アクター 拉致 V2K 世論操作 ペドフィリア 医療倫理学 サイエントロジー 創価学会 ノイズキャンペーン 金融資本主義 格差社会 集団ストーカー コインテルプロ NASA スマートダスト 思考盗聴 イスラエルコネクション 音響兵器 カルト 自由社会崩壊 フリーメイソン P2事件 マフィア 戒厳令 日独伊 英米仏 ハイパーゲーム理論 職場いじめ モビング ほのめかし アンカリング パブロフの犬 脅迫 ストリートシアター ヘリストーキング ランド研究所 RFIDチップ 遠隔神経モニタリング 潜在意識操作 集合精神 広告代理店 ADL ナチス FEMA 精神医学診断基準悪用 IoT 顔認証技術 AI 自衛隊 フレンチコネクション ロックフェラー ロスチャイルド 2項対立 プロレス ワンワールド 社会主義 弾圧 KKK 白人至上主義 数秘術 秘密結社 黙示録 クローン ディープ・フェイク 属国 原爆投下

(別館) 基礎知識がある人のための集団ストーカー情報

『集団ストーカーを知らない人のために~集団ストーカーに関する国内外の報道・映像などから考える未来社会』の兄弟ブログです。集団ストーカーについての知識がない方は、まずは下記URLのTOPページの記事を御覧ください https://is.gd/HgIfky。この別館では、先のブログで伝えられなかった、すでに知識がある人に向けた情報を主に紹介していきます。具体的には被害者間でも議論の余地がある情報、映画などのフィクション、被害に関係した政治の話題など、広範にわたる情報を扱っていく予定です。

チョムスキー、NSAの監視とコインテルプロを語る(2014年5月19日イギリス王立国際問題研究所「アメリカ外交政策を再考する」から)

ウォーターゲートはたいした問題ではなかった~コインテルプロは強力な国民をターゲットにした政府による犯罪であり、政治的な暗殺行為

チョムスキーウォーターゲートについて言えば、私は少数派でした。ティーパーティのようなものだと考えていたのです。実際事件直後に『ニューヨーク・レビュー』からウォーターゲートに関する原稿の依頼を受けた時も、『引き受けてもいいですが、たいした問題でないと説明してもいいなら』と返事をしました。

 衝撃的だったのは、ウォーターゲートが明るみに出て、まさに同時にコインテルプロが明らかになったことです。同時でした。

 コインテルプロは強烈な、政府による国民をターゲットにした犯罪だったのです。4つの政権で行われた。主にケネディ、ジョンソン、 ニクソン政権時代に行われ、開始されたのはそれより少し前ですが。批判精神のある思想や政治活動は事実上全て、コインテルプロのターゲットになりました。監視だけではなく破壊工作も行われていた。スノーデンの一件をはるかに超えています。コインテルプロは文字通り政治的な暗殺行為でした」

f:id:yellowstoneandbeatuifulbird:20190921212843j:plain

ウォーターゲートなどコインテルプロに比べればたいした事はない

f:id:yellowstoneandbeatuifulbird:20190921212943j:plain

インテルプロは政府によるアメリカ政府による犯罪だった

f:id:yellowstoneandbeatuifulbird:20190921213111j:plain

監視問題よりも破壊工作のほうがよっぽど恐ろしいのだと、2014年のこの日チョムスキーは強調した

FBIはアメリカの政治警察~FBIによる離間工作と冤罪ねつ造、そしてなされた必要のない殺人

チョムスキー「ちょうどウォーターゲートの時に明らかになったのです。1969年でしたが、コインテルプロの一つでした。コインテルプロはFBIの作戦ですよ。FBIはアメリカの政治警察なのです。FBIはブラック・ムーヴメントを潰そうとしており、実際にブラック・ムーブメントの多くを潰しました。

 ウォーターゲートの時に明るみになった最悪の事件は、フレッド・ハンプトン殺害事件です。フレッド・ハンプトンはブラックパンサーの有能なリーダーで、犯罪歴などは何もありませんでした。ハンプトンはシカゴのゲットーを組織しており、コインテルプロ実行下のFBIはそのハンプトンを殺害しようとした。

 まずFBIはゲットーのギャングに目をつけました。レンジャー部隊の「ブラックストーン」を煽り、殺害させるために、部隊のリーダーに虚偽の手紙を送り付けたのです。黒人なまりをまねた文章で手紙を書いた。すぐにばれる程度のものだった。FBIはあまり賢くありませんね。「ハンプトンがレンジャー部隊を狙っている」という手紙を書いた。でも効果はなかった。次にFBIが何をしたか。FBIはハンプトンのボディガードを内通者にしました。シカゴ警察に対しアパートに銃を所持していると虚偽の情報を流したのです。朝の4時に警察がアパートに踏み込みました。ゲシュタポじみた奇襲で、ベッドにいたハンプトンを殺したのです」 

f:id:yellowstoneandbeatuifulbird:20190921213326j:plain

テロ対策などは不可欠としても「政治警察」は果たしてどこまで必要なのか?

f:id:yellowstoneandbeatuifulbird:20190921213530j:plain

集団ストーカー同様、コインテルプロでも離間工作がなされていた。しかしこの時と現在とでは監視インフラも情報分析も比較にはならない。今は超監視の時代であり、得られた情報から何でもできてしまう時代なのだ

f:id:yellowstoneandbeatuifulbird:20190921213659j:plain

集団ストーカーでも全くの虚偽、小さな事実を異常レベルに拡大しての悪評ばらまきなどが行われている

f:id:yellowstoneandbeatuifulbird:20190921213753j:plain

罪のない人間を徹底的にマークし、虚偽の捜査を行い、最後には死に追いやる。この諜報機関のメンタリティは完全に狂っている

インテルプロはなぜかほとんど報道されなかった~コインテルプロはNSAの監視以上に深刻な問題

チョムスキー「この一件だけでも、ウォーターゲートについてのあらゆる報道を一掃するほどの事件です。興味深いことに、コインテルプロについてはほとんど報道がなされませんでした。この事件だけでした。コインテルプロでFBIがしていたことは他にもたくさんあったのに。コインテルプロはウォーターゲートよりずっと深刻な問題です。NSAの監視以上に深刻な問題なのです」

f:id:yellowstoneandbeatuifulbird:20190921213906j:plain

インテルプロについてメディアはほとんど報じなかった。自粛か圧力か、それとも両方か。現在の集団ストーカーも同じである

解説:

本動画では、チョムスキーが「ウォーターゲートについては多くの報道がなされたのに対し、興味深い事にコインテルプロについてはほとんど報道されなかった」と重要な指摘をしています。スノーデンの事件や超監視社会について報じることはできても、最も重大な破壊工作・殺人プログラムである「集団ストーカー」について一切報じることができない現在の日本のメディアも同じ状況にあると言えるでしょう。

2020年、国連人権理事会 (HRC)が集団ストーカー問題を取り上げるという情報が流れました。この国連の動きについて、英国の歴史あるクオリティペーパーであり、正確かつ最も先鋭的な報道を行う媒体として世界的に評価の高いガーディアン紙が、国連人権理事会[HRC]拷問に関する特別報告者・ジュネーヴ・アカデミースイス人権問題チェアマン・グラスゴー大学国際法学教授を務めるニルス・メルツァー氏 Wikipedia にインタビューを行い、集団ストーカー問題に関する同氏の見解を詳しく報じました。しかし、この問題を日本の大手メディアは全く報じていません。この記事については、(海外報道記事)「国連、肉体への拷問禁止を回避するための “サイバー拷問” に警鐘」(英ガーディアン紙) - (別館) をご覧ください。

また、これに続き、NSA内部告発者で世界的に評価の高いウィリアム・ビニーが、ニューヨーク・タイムズピュリッツァー賞受賞に大きく貢献した気鋭のジャーナリスト、クリス・ヘッジズと対談し、現在FBI・CIA・NSAによる大規模なコインテルプロが行われていると明言。さらには一般市民へのマイクロ波兵器を用いた攻撃、エレクトロニックハラスメントが実在する事を公に認めたことで話題となっています。詳しくは次の記事をご覧ください (NSA内部告発者ウィリアム・ビニーが一般市民に対するエレクトロニックハラスメントの存在を認め、現代の集団ストーカー(ネット上の大量監視・室内監視・コインテルプロ・脅迫・弾圧)について語る - (別館) 。もちろん、これも日本の大手メディアは黙殺しました。

2020年東京都知事選に、反集団ストーカー活動家として知られる押越清悦氏が立候補。同氏は、被害者はもちろん、事情をよく知る一部のネットユーザーからも高い評価を得ていましたが、選挙期間中にあたかも集団ストーカー被害者がやったかのような、落書き事件の報道がなされました(住宅街で複数の落書き被害/岩手・盛岡市 | IBC NEWS)。日本のメディアは完全に死んでおり、集団ストーカーについては卑劣な世論操作が恒常的になされていると言えます。

チョムスキーの発言でもわかるように、監視社会化とコインテルプロには密接な関係があります。コインテルプロにマインドコントロール・洗脳実験・電磁波の照射実験を加えたものである可能性が極めて高い「集団ストーカー」は、超監視社会化を悪用する支配者層・裏社会関係者らによる監視悪用の最終形態と考えられ、これまでの常識や社会構造が変化しつつある、自由社会を愛する市民たちにとって非常に危険な状態を示していると言えます。現代のコインテルプロである集団ストーカーが頻発する現在の日本の状況は、すでに超監視社会化のインフラが整ってしまったこの国、あるいは海外諸国の危機的状況を示していると言えるのかもしれません。

近年ではアメリカの中国語メディアが、中国政府によるエレクトロニックハラスメントを報じていますが、集団ストーカーは非常に全体主義的作戦であり、極めて社会主義的な作戦です。一方、現在のアメリカについて、ポーランドの集団ストーカー被害者団体PACTは、FBIが捜査をすると伝えたと報じていますが、成果は全く見られていないのが現状です。現代は国境を越えた犯罪集団たちが跋扈する「帝国」の時代ですが、国家と国境を越えた犯罪組織の連携、あるいは調査の開始をアナウンスした国連、そして国連と強い関係のあるワンワールド主義者たちが、実はこうした犯罪に関与しているのではないか、との声もあがっています。現在、多くの知識人たちが関心を抱くようになっているこの問題ですが、先述のように日本の大手メディアは全くこれを真摯に報じず、ネガティブキャンペーンのような事件ばかりを流し、大きな問題となっています。記事の拡散・周知にご協力いただければ幸いです。

 

この動画の長尺版はこちら

Rethinking US Foreign Policy - YouTube (日本語字幕なし) 

 

◎参考文献
・米国における報道規制、特定のトピックを報道させないやり方について
ニコラス・スカウ(著)伊藤真(訳)『驚くべきCIAの世論操作』インターナショナル新書 2018 https://amzn.to/2V2QP37

・日本におけるコインテルプロの実例とその証拠の数々について
海渡 雄一(著)『反原発への嫌がらせ全記録』明石書店 2014 http://amzn.to/2ptnoeL

ジーン・セバーグの経験したコインテルプロ
ジーン・ラッセル・ラーソン+ギャリー・マッギー(著)石崎一樹(訳)『FBI V.S ジーン・セバーグ 消されたヒロイン』水声社 2012 http://amzn.to/2qbdRGh

キング牧師が経験したコインテルプロ
マーシャル・フレイディ(著)福田敬子(訳)『マーティン・ルーサー・キング』(ペンギン評伝双書) 岩波書店 2004 http://amzn.to/2q9w8pd 

 

◎参考映像作品
ジーン・セバーグ・コンプリート』アップリンク 2000

販売: Amazon http://amzn.to/2q83w01 

レンタル: DMM.com [ジーン・セバーグ・コンプリート] DVDレンタル

レンタル: TSUTAYA/ツタヤ-ジーン・セバーグ・コンプリート | 映画の動画・DVD

関連記事

参考記事(外部サイト)

 *なお、本動画は一連の問題についての理解を深めるために作成されました。当方、現在集団ストーカーについて、必ずしも今の米国・日本政府が主導しているとする立場には立っておらず、いかなる政治的見解も先導する気持ちもございません。世界中で急増しているこの信じがたい、残酷な凶悪犯罪が、一日も早く解決されることを祈っています。